電子メール(e-mail)の利用

はじめに

このサーバーを使ってメールを利用する場合は、まず、 メールアカウントを申請していただく必要があります。
メールアカウントは、下の手順で申請してください。
メールアカウントの申請手続きが終了すると、 そのメールアカウントとパスワードを使ってメールが利用できるようになります。
メールの利用方法は、大きく分けて二つの方法があります。
ひとつは、ブラウザ(インターネットイクスプローラとかネットスケープナビゲータなど)で直接読み書きする方法です。
もうひとつは、メールソフト(アウトルックイクスレスなど)で読み書きする方法です。
両方の方法を併用することもできます。
それぞれについての説明は、下記を参照してください。

メールアドレスの新規申し込み

xxx@hodogaya.catholic.ne.jp の形のメールアドレスを希望される 方は、次のフォームに記入して申し込んでください。
保土ヶ谷教会の信徒名簿に記載されていない方のご利用はできません。 (事情のある方は別途ご相談ください)





  1. お名前欄には、姓と名を漢字で入力してください。
  2. アカウント名は、アルファベットと数字と下線(_)からなる16文字以内の名前を 入力してください。abcdefと入力した場合、abcdef@hodogaya.catholic.ne.jpが メールアドレスとなります。お勧めは、yamada_hanakoのように、姓と名を _でつないだものです。
  3. 他の人が登録済みのアカウント名での申し込みはできません。
  4. パスワード欄には、アルファベットと数字と記号からなる8文字以内を 2回入力してください。二つの入力が一致しないと、受け付けられません。
  5. パスワードはあまり単純なものは使わないでください。
    一番よくある例は、「山田太郎」さんのアカウント名がyamadaで、 パスワードが taro1というものです。 このようなパスワードは玄関の鍵を郵便受けに入れるようなもので、 パスワードを設定しないのと大差ありません。
  6. 半手動で処理しますので、申請されてから実際に登録されるまで、 多少日時を要する事があります。

メール用パスワードの変更

メールアカウントを取得済の方が、自分のパスワードを変更する場合は、 次のリンクをクリックしてください。

メールの利用の手引き

  • メールソフトを使わずに、ブラウザだけで読み書きする場合
    全国どこでも、インターネットにつながるところなら、この方法で メールを読み書きできます。

  • Outlook Expressなどのメールソフトを使う場合
    使い慣れたメールソフトをご利用したい方はこちらをお読みください

  • プロバイダと契約する必要がありますか
    いくらインターネットが安くなった(たとえばWAKWAKのプチコースだと、200円/月) といっても、毎月プロバイダに支払うのはいやだという人のために。
    最近では、電話代だけで特別の契約なしにインターネットに接続することのできる プロバイダもありますので、それを使って接続する場合を説明します。

  • カフェテリアのインターネット端末
    カフェテリアにインターネットに接続できるPCが設置されることになりました。 このPCを使って、上記WEBMAILを利用してメールの読み書きをするのであれば、 費用はまったくかかりません。
    メールは、PC側でなくサーバー側に保存されていますので、 一般のメールソフトウェアで読み書きするのに比べると 内容を他人に読まれる可能性はかなり低いですが、 それでも心配な方は、ブラウザ終了時に ブラウザのキャッシュをクリアしてください。
    (もちろん、メールをPC側に取り込んで読むこともできます。この場合は 終了する前にPC側に取り込んだファイルを削除することをお勧めします)

  • パスワードを忘れてしまった場合やメールアカウントが不要になった場合は、スタッフにご相談ください